第3回ムサコフェスは、やっとの曇天で大賑わい!

ムサコフェス2014002

本日4月20日、第3回ムサコフェスが開催されました。

一昨年の第1回目は小雨が降ったりやんだり、昨年はたけのこ汁が雨で薄まってしまうのではないかという悪天候でしたから、今年のこのはっきりしない曇天も、初の恵まれたお天気!

お客さんの数も、ぐっと増えたように感じます。

12時のたけのこ汁配布スタートを待たずに、この長蛇の列!

ムサコのゆるキャラ、たけ丸くんも、スタッフの誘導でヨチヨチとやってきました。

え、これだけお客さん来て、ライブとか始まってるのに、今から来る?(笑)

まあ、このヨチヨチ感もたけ丸くんの可愛さですからね、許す! 遅くても許す!

さて、いよいよセレモニーが始まりました。

実行委員長のご挨拶に続き、たけのこを提供してくださっている千葉県の大多喜町の町長さんのご挨拶。

このフェスに関連して、大多喜町へのタケノコ掘りバスツアーなんかも企画されていましたよ。

さて次は、先日春のセンバツで甲子園に出場した小山台高校野球班の監督と3年生の樋口くんから、みなさんの応援に対する感謝の言葉が述べられました。

いやーさすが、地元の星!

これだけの観衆が(たけのこ汁まだか!)と見守る中、ハキハキとした素晴らしい挨拶でした。

さらにこのあと、たけのこ汁を作ってくれた恵比寿の人気日本料理店、賛否両論の笠原料理長のユーモアに富んだ素敵なごあいさつもあったのですが、もうみなさんの(たけのこ汁早く配れやもう1時間も並んでるんだぞ)というプレッシャーがビシビシ来ていて、非常にやりづらそうでした。

でもさすがメディアにたくさん出られているだけあって、お話がじょうず!

(たけのこ汁早く配れやもう1時間も並んでるんだぞ、ちょっと肌寒いし、足も疲れたわ)という不満も一瞬和らぐ、楽しいお話でした。

さて、いよいよシェフが大鍋の横に立ちます。

このナベの大きさ!

この量で一体どうやって味付けをするのか、さすがとしか言いようがありません。

たくさんのスタッフさんが小鍋に移されたたけのこ汁を、どんどんお椀によそっていきます。

ここからはどんどん列が進みます。

皆さん、あつあつのお椀を手にすると、一気に幸せそうな表情に。

これが特製たけのこ汁!

たっぷりのたけのこと豚肉などが入っています。

一昨年のたけのこ汁に比べると、だいぶシンプルで洗練された感じ。

笠原さんのお話によると、レシピは年々改良しているそうですので、また来年ちがったお味のものをいただけるのも楽しみですね。

たいへんおいしゅうございました。

テントでは、このたけのこ汁に使われていた、まったくエグみのないおいしい大多喜町のたけのこも販売。

たけのこも立派ですけど、ん?

んん?

んんんん?

かわいい!!!

大多喜町の産んだ、たけのこ美人の手に、まあ立派なたけのこが。

これは買わないわけにはまいりません。

実際にたけのこはどんどん売れ、かなり早めに完売となっていました。

そのままお味噌汁にも入れられる、エグみのないたけのこ。

今日いただけなかった方は、また来年! そうそう、ゴールデンウイークに大多喜町へ観光に出かけて味わってみるのも良いかもしれませんね。

そうこうしているうちに、ライブ会場も盛り上がっています。

こちらは小山台高校のブラスバンド部のかわいらしい演奏。

そして、ムサコを代表する企業さん、わるならハイサワー」の博水社の3代目社長、田中秀子さんが中心となって活動されている「まだ間に合うからプロジェクト」。

このプロジェクトは、捨てられたり外で産まれたりして、保健所に収容された犬やねこを救うボランティア活動です。

このステージでは田中さんが自らマイクを持ち、ご自身で作詞された、いのちを助けられた犬猫たちからのメッセージソングである「ありがとう」という曲を披露。

CDの売上は全国のボランティア団体に寄付されているそうです。

続いて、ライブカフェAgainなど地元でのライブで人気上昇中のラテンバンド「コロリダス」が登場。

明るいラテン音楽とユーモラスで親しみやすい歌詞で、お客さんにステップを踏ませます。

と、あれ?

どこかで見た方が…。

ヨッシー!

コロリダスのギター担当は武蔵小山商店のヨッシーさんなのです。

そうそう、武蔵小山商店は先週、駅前から西口商店街へとお引越し。

武蔵小山新聞としては、あたらしいお店のレポートもしなければいけないところですが、それはまたおいおい。

たけ丸くんだけでなく、パルムのパムくんとパルちゃんもちびっ子たちに囲まれていました。

そして、神出鬼没なピエロ集団が、子どもたちに人気だったり、子どもたちを恐怖のどん底に叩き込んだりしていましたが、神出鬼没故にカメラに収めることができませんでした。残念。

ということで、最後まで雨もふらず、楽しいフェスとなりました!

また来年も楽しみにしておりますよ!

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年10月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ピックアップ記事

  1. img_0343
    10月の半ば、寒さを感じ始めてきました。そろそろ冬支度しなくちゃな、なんて思っている武蔵小山新聞です…
  2. DSC_8871
    りゅえるわずなエリア。 駅改札を出てエスカレーターを上ると、そこにはホワイトウォール。白い壁。…
  3. ありがとう
    武蔵小山駅前りゅえる 8月あたりから開発に伴う閉店が増えてきました。 10月現在のりゅえ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る