【Le Bois(ル・ボア)】パルムGに自家製¥●●なやつにグッときちゃうフレンチ、開店。

DSC_7149

最初にお詫びから始めます。
オーナーがチョイスされた素敵なワインや自家製ベーコン、自家製オニオンスープとか、美味しすぎて撮影都合を忘れてしまいまして、その時のザマがこれでございます。大きなお口でお料理バキュームバキュームです。

バチがあたったのか、わたくし、あごが2つに割れてしまいます。

きちんと写真の確認出来るまで手を出しちゃダメです。
確認の間はじっと我慢です。

さてと、な、本題。
Palm G に現れました、「Le Bois」、発音「る・ぼあ」なフレンチです。
訳は「森」。

「なーぜー?もーりー?」とお聞きすると、店長のお名前が森野さん。
森をかけています。

こちらのショップカードでは森野さんが熊さんとお食事中です。

おいしくいただきながらおうかがいします。
「なーぜー?くーまー?」とお聞きすると、店長のお名前が森野さん。
森の、にかけています。

このあたりはお知り合いのデザイナーさんがこさえてくれたそうでデザイナーさんの【愛】を感じます。

そんな森野さんのお料理にも【愛】がちりばめられています。

最初にワインを注文したところで、でてきましたのが、一口サイズなプチシュー。
開店のサービスとして出てきました。
中身はチーズ。ワインに合います。森野さんの手作りです。(チーズは作んないよ。)
手作りシューって食べた事なかったのですが、歯ごたえあり、サクサクでとてもしっかりしてるんですね。
是非、メニューに入れて下さいとお願いしました。

他にも、(食べかけちゃっている)自家製生ベーコン700円

写真が完全にロストしてしまった、ホロホロ鶏とレバーテリーヌ850円
(すいません。。)

エスカルゴブルギニオン850円

こんな風にパンにオンしてしっかり咀嚼(そしゃく)します。

オニオングラタンスープ???円
たっぷりなオニオンを煮詰めて作っておられました。これにとろりなチーズがマッチして冷えた体にしみわたります。

店内はテーブル8席と写真をロストしたカウンター5席。

コースとしての提供もされています。
人気でるだろなーと感じるこちらのお店、まだまだ認知度が低く気軽に行ける今、いかがでしょう。

kanagawaKATSUKI

kanagawaKATSUKI代表

投稿者プロフィール

鳥取県生まれ。移動はミニベロ。ももと睡眠が大好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年5月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. img_0343
    10月の半ば、寒さを感じ始めてきました。そろそろ冬支度しなくちゃな、なんて思っている武蔵小山新聞です…
  2. DSC_8871
    りゅえるわずなエリア。 駅改札を出てエスカレーターを上ると、そこにはホワイトウォール。白い壁。…
  3. ありがとう
    武蔵小山駅前りゅえる 8月あたりから開発に伴う閉店が増えてきました。 10月現在のりゅえ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る