[鳥喜]半世紀。武蔵と西の灯台なり。[鳥喜]

[とりき]おやじ

パルムGから西小山方面に進む事しばらく。
怪しげな提灯に上り旗。「とりき」ののれんに、焼き鳥屋風な店先。

ここを通る者は気づいておるか。この神懸かりな怪しさに。
その様はゲゲゲの鬼太郎の世界か。

さすがなアーノルドは既に上客。慣れたものだ。

この辺のお店事情は、盛んだったそうだが、結局残ったのはこのとりきだけ。
脳のない私はやめる事もできませんでした、と茶目っ気に語る。
店内はブルーを基調とした内装。タバコのヤニに濁され時を感じるモダン風。
お客はみんな長寿なお客。若い者の姿は見られない。

が、ひとたび入れば皆、なかま。年も性別も地位もない。
明らかに御偉いお方な方々も見えるが、この親父の笑顔の下では、おやじが首領。

この親父の掛け合いはとても気持ちがいい。
しばらく通ってみよう。

kanagawaKATSUKI

kanagawaKATSUKI代表

投稿者プロフィール

鳥取県生まれ。移動はミニベロ。ももと睡眠が大好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ピックアップ記事

  1. img_0343
    10月の半ば、寒さを感じ始めてきました。そろそろ冬支度しなくちゃな、なんて思っている武蔵小山新聞です…
  2. DSC_8871
    りゅえるわずなエリア。 駅改札を出てエスカレーターを上ると、そこにはホワイトウォール。白い壁。…
  3. ありがとう
    武蔵小山駅前りゅえる 8月あたりから開発に伴う閉店が増えてきました。 10月現在のりゅえ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る