武蔵小山のなかの歯車のひとつであればいいJust a Part of Musashikoyama

sorry.

武蔵小山駅から26号を渡り、角を曲がった小路。シックな扉に主張しすぎないBar swimの店名が佇む。軽くはない扉を押し開けると、明るすぎず、暖かな光に包まれたカウンターの奥にバーテンダー和泉さんが穏やかな微笑をたたえて立っている。

扉は重めでまさに”Hide out”、「ドアを開けづらいからこそ中で飲んでいる人は安心できる。外から見えないバーを作りたかった。」と和泉さんは言う。

「これまで色々な仕事をしてきて、様々な場面で学んできたことのバックボーンは水泳にあるんです。」「Bar swimを逆に読めば夢に酔うとも読める。夢を掲げたかったんです。」これがBar swimの名前の理由。泳ぐからswim。単純に見えるが、そこには凛とした筋がある。

和泉さんは泳ぎ、走り続けてきた。泳ぎ始めたのは小学校に入る前。中学時代はスイミングスクール週6回、体操教室週2回。陸上部の練習が週6回。高校時代は水泳部主将。

今でも走りたい時に走り、泳ぎたい時に泳いでいる。ストイックですねと言われても、「本人は楽しいからやっているだけ、普通のことでしかないんです。だからこそお店も普通に毎日開けることができるんです。」

常に心に留める心得はバーテンダースクールで得た。「経営者としては変化に対して敏感になることはすごく大事だが、現場に入ってバーテンダーという職人として働くのであれば、どんな時でもどんな日でも同じことが出来るのが良い職人だ。」体調を崩さないこと、しっかり掃除をすること、きちんとボトルを磨くこと、適度な距離感をもってお客様と接すること、一人でお店をやっているので毎日こういったことをやり続けていく、好きでやっている運動も体のメンテナンスのためでもある。

Bar swimにメニューはない。「行きつけのバーに行っていつもの一杯を頼む、それはバーテンダーがそのお客様の味の好みを覚えているから成り立つことだと思います。バーが初めてというお客様がメニューを見て、例えば名前が素敵だからと頼んでみると実際にはすごく強いカクテルで、そのお客様にとって飲みにくいお酒だったりすることがあるんです。だから、メニューを置かないし、バーテンダーとしてお客様の好みの味を常に考えています。メニューがない代わりに、お客様がどんな気分で、どんなものが飲みたいのかを会話の中で探っていくことを非常に大事にしています。」

「オリジナルカクテルはお出ししていません。新しいカクテルのレシピは毎年増えて続けているなかで、50年とか100年残るものって少ないですよね。スタンダードレシピはその長い歴史があることで僕らバーテンダーの基礎になると思っています。その時のお客様の気分に合うものというオーダーを受けることがとても多いんですけど、アレンジによる僕自身の味を加えはしますが、スタンダードカクテルをお出しします。そのカクテルを美味しいと思って、名前さえ覚えて頂ければそのお客様は他のお店でも頼むことができるんですよね。」

「僕らバーテンダーが伝えているのはバーやお酒の文化です。バーに行き慣れていない方には敷居が高いと思われるかもしれませんが、敷居はそんなに高くないんですよと伝えたい。バーの文化にあまり触れたことがない人でも、頼み方やお酒を伝えていきたい、つまり『初心者のためのバー』が一番のコンセプトですね。」

「Bar swimでは料理はお出ししていませんが、美味しいものを食べてから来て頂ければいい。違う街のお客様もいらっしゃいます。武蔵小山って安くて美味しいお店がたくさんあるし、いくらでもお勧めできます。地元に住んでいる僕らが美味しいと思うお店をたくさんの方にお伝えして、それぞれのお店の良いところを楽しんでもらいたい。Bar swimは武蔵小山という街の歯車の一部であればいいし、そうありたい。それが街の活性化にも繋がると思うんですよね。」

「Bar swimのお客様は周囲に気を使ってくださる方が多くて非常に有難いです。もちろんバーの雰囲気のタクトを振るのは僕の役目。実はお店をやっていて嬉しいことはカウンター8席全て埋まっていてもガヤガヤしていない時だったりします。和やかな、でもうるさすぎない雰囲気作りができたら嬉しいと思っています。」

Bar swimでは、「泳ぎ好き、走り好き、本の虫、ジャニーズ好き、仮面ライダー好き、その他なんでも『何かに特化した変態』がいるのであれば、自分はその全変態でいたい。偏った変態に寄り添っていくために日々を過ごしたい」という和泉さんが迎えてくれる。

最後におせっかいな豆知識。「バーテン」はバーとフーテンからきた差別用語ってこと、ご存知ですか?カウンターの止まり木(bar)に優しさ(tender)を添える・生み出す人がバーテンダーです。ぜひバーテンダーと呼んであげてください。

・所在地:東京都品川区小山4-1-8

・営業時間:19:00~2:00

・定休日:月曜日

・チャージ:300円

・ビール:500円~、カクテル:700円~

・イベントはないし、テレビもない。ハロウィン、バレンタイン、クリスマスも通常営業。定休日以外は毎日必ず「普通に」営業。

All you need to do is cross the interstate 26 and turn a corner and walk down the alley to see the chick sign of “Bar Swim”.  Once you open the door you’ll bask in the warm light and be greeted with the quite smile of Mr. Izumi the bartender.

The bar invokes images of an adult hide out, “people can have a drink in peace if the bar is a tad difficult to enter the first time, that’s why I wanted to create a bar where people couldn’t look into from outside” says Mr. Izumi.  

“The lessons you learn in life by trying your hand at all sorts of jobs stick with you for the rest of your life. If you read the name “Bar Swim” backwards you can see that can also mean getting drunk on your dreams – I wanted to hoist my dreams high in the sky. This is the background behind the naming of the bar. At first glance it seems simple but there is a clear reason if one takes the time to think”

Mr. Izumi both swims and runs. He started swimming before elementary school and would be going to swimming class six times a week by the time he was a junior high student in addition to gymnastics class twice a week and track & field practice six times a week. He was the captain of his high school swimming team.

Even now Mr. Izumi runs and swims when he gets the chance. When people comment that he is very disciplined Mr. Izumi replies “I swim and run because I enjoy it so I don’ really give it too much thought. I think that’s why I can open my bar every day.”

Mr. Izumi learned the basics at bartender school. “It`s important to be aware of change as a business owner but if you are going to a good bartender it’s important to be able to do the same thing day in and day out. Don’t get sick, make sure you bar is clean, keep the liquor bottles in good order, and keep a proper distance with the patrons – not too close or far. As I run my bar myself it’s vital that I keep these things in my head at all times – the running and swimming that I love is also to make sure that I stay healthy”

“There is no menu at Bar Swim. A regular comes to the bar and orders his favorite drink and the bartender remembers how the regular wants his drink prepared – this is the very basis of being a bartender. If a first time customer drops by, looks at the menu and for example orders a very strong cocktail because the name seems interesting, and doesn’t like the taste his experience at the bar is ruined. That’s why I don’t prepare a menu and always try to think about a customer’s likes and dislikes. As my bar has no menu I think that it’s vital that I try to find out what a customer wants to drink based on my conversation with him”

“I don’t prepare original cocktails at Bar Swim. Every year there are countless new cocktails which are born but only a handful last say 50 or 100 years. The standard cocktails which have stood the test of time make up the base of a bartenders repertoire. Of course I add my own twist to all my drinks but at the base they are all standard cocktails. If the customer ends up liking a particular cocktail and remembers the name, he can order the drink at any other bar as well”  

“What we bartenders are trying to do is to convey the culture of bars and liquor. People who are not used to going to bars may think that only a particular type of person can enjoy drinking at a bar but I want people to see that most people can enjoy having a drink a bar. This may not be the most appropriate term but I want to be able to teach people who usually do not go to bars about bar culture, for example how to order a drink or basic knowledge about various types of alcohol. In other words the concept of this bar is a first timer’s bar”

“We don’t serve food at Bar Swim but it’s fine if people can drop by after having a nice meal. There are customers who come from out of town. Musashikoyama has a lot of cheap and delicious restaurants which I am more than happy to recommend. It’s nice if a customer goes to a restaurant which I recommended and enjoys the food. I want Bar Swim to be a part of the Musashikoyama community and I think this helps make Musashikoyama an energetic town ” 

I’m very fortunate that the vast majority of our customers are gentlemen and are careful to mind each other – while of course it’s my job to observe and supervise the overall atmosphere of the bar.   When all 8 seats are occupied with customers having a quite drink is often when I end up enjoying myself the most. A low buzz – not too loud- just right.   

・Address:Tokyo-to, Shingawa-ku, koyama 4-1-8

・Business hours:19:00~2:00

・Closed:Every Monday

・Cover Charge:300 Yen

・Beers from 500 Yen and Cocktails from 700Yen.

・No special events and no television, business as usual regardless if its Halloween, Valentine’s day, or Christmas. Always opened for regular business asides from Mondays.

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年10月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ピックアップ記事

  1. img_0343
    10月の半ば、寒さを感じ始めてきました。そろそろ冬支度しなくちゃな、なんて思っている武蔵小山新聞です…
  2. DSC_8871
    りゅえるわずなエリア。 駅改札を出てエスカレーターを上ると、そこにはホワイトウォール。白い壁。…
  3. ありがとう
    武蔵小山駅前りゅえる 8月あたりから開発に伴う閉店が増えてきました。 10月現在のりゅえ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る