残りの11ヶ月はどうすんの!?【お正月や】不動前

お正月や00

清少納言さんがさんのタイムライン【つとめて】に「いいね!」と言っています。

異常気象が時節の話題になりつつあるものの、日本には豊かな四季がある。その風土に、仏教的諸行無常感が加わり、うつりかわりの刹那を愛でる文化が発展してきたのかもしれない。今であれば彼女は、やうやう白くなりゆく山際をPinterestにUPして、Facebookとtwitterにリンクを貼るんだと思う。季節感は大切だ。

師走のある日、目黒不動尊の近くを歩いていると、【お正月や】なる看板を発見、年の瀬を噛みしめながら、そんな事をボーっと考えていた。

ん、
ちょっとまって、
仮設の販売窓口、若しくは屋台、どちらでもない。頬を刺す澄んだ空気で頭を冷やしてみれば、堂々とし過ぎたその姿に違和感を覚える。袖看板とテントサインに1万ポイント位の大きさで、ばっちり印刷された【お正月や】の文字。多分、お盆でも消すことは無い。

年の瀬の年越し準備期間に、松の内入れて、贔屓目にみてもひと月。年中行事の中でも正月が最大規模のイベントであるからして、その経済効果も分かるような気もするけれど・・・、「冬はつとめて、2月からはゴールドコーストの別荘でサーフィンの日々ですね・・・」と、いう事なのか!?

果たして真相はいかに、お店の方に聞くことにした。

ふむふむ、うんうん、へぇー、そうなんですか。え?はは、ほんとすか、すごいすね。

サーフィン好きですか?とは聞けなかった・・・まとめると、

お正月を始め日本の祝いを中心にした商品や、縁起商品(十二支含む)、贈答品(出産、結婚、誕生日、節や暦のお祝い等々)を提案並びに制作している、と。そして、新宿伊勢丹や渋谷東急、横浜そごう等の歳時会場に出展したり、ウェブショップで販売しているのだそう。また、店舗やイベント、ショーケースのディスプレイも行っていて、更には、小物の手作り教室も開いている、と。

Adobeのillustratorがヴィーナスを起用した様に、ここで使う【お正月】とは、【日本の節目】をアイコニックに表現したもののようです。確かに、ホームページでディスプレイの納品事例を見ると、言いたい事が伝わってきました。

昔、じーさんがしめ縄を手作りしていたのを思い出して、 作り方を知っておきたいな、教室いくのもありだな、と、日本の正月を実感するのでした。

———————————————————————————

店名:お正月や

http://www.cs-bon.co.jp/

address:品川区西五反田4-4-20 1F

tel:03-5434-2106 fax:03-3494-1977

open:11:00-17:00 (2013年1月3日までは10:00オープン)

定休日:水曜日 (2013年1月3日までは休まず営業)

———————————————————————————

清少納言さんがさんのタイムライン【早朝】に「いいね!」と言っています。

異常気象が時節の話題に変わりつつあるものの、日本には豊かな四季がある。その風土に、仏教的諸行無常感が加わり、うつりかわりの刹那を愛でる文化が発展してきたのかもしれない。今であれば彼女は、ようよう白くなり行く山際をPinterestにUPして、FBにリンクを貼るんだと思う。

冬はつとめて。

師走のある日、目黒不動尊の近くに【お正月や】なる看板を発見、年の瀬を噛みしめながら、そんな事を考えていた。

ん、

ちょっとまて、

仮設の販売窓口、若しくは屋台、そのどちらでもない。

頬を刺す澄んだ空気で頭を冷やしてみれば、堂々とし過ぎたその店舗の姿に違和感をおぼえる。

ファサードのテントサインにばっちり印刷された、【お正月や】の文字。多分、真夏でも消すことは無い。

師走の年越し準備期間に、松の内入れて、贔屓目にみても、ひと月。

四季折々の節目の中でも正月が最大規模のイベントであることは分かるけれど、

ちょっと刹那切り取りすぎやしないか?とちょっぴり切なくなる。

(いや、切なくはならない、掛けてみたかっただけだ。)

———————————————————————————

店名:お正月や

http://www.cs-bon.co.jp/

address:品川区西五反田4-4-20 1F

tel:03-5434-2106 fax:03-3494-1977

open:11:00-17:00 (2013年1月3日までは10:00オープン)

定休日:水曜日 (2013年1月3日までは休まず営業)

———————————————————————————

アーノルド小山

アーノルド小山記者(キャラ担当)

投稿者プロフィール

たまに会えたりするぜ。いつも酔っ払ってるからこっちは覚えてないが。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年5月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. img_0343
    10月の半ば、寒さを感じ始めてきました。そろそろ冬支度しなくちゃな、なんて思っている武蔵小山新聞です…
  2. DSC_8871
    りゅえるわずなエリア。 駅改札を出てエスカレーターを上ると、そこにはホワイトウォール。白い壁。…
  3. ありがとう
    武蔵小山駅前りゅえる 8月あたりから開発に伴う閉店が増えてきました。 10月現在のりゅえ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る