我らが消防団

  • 2012/12/20
  • 我らが消防団 はコメントを受け付けていません。
NEC_0445

本日は晴天なり!清々しい日曜日の朝。
今回は町を火災、災害から守る、荏原消防団第一分団さんを取材させていただきました。

基本的には、月に1度機械類の点検及び確認作業を行っています。

荏原消防団は、第一から第七分団まであり、地域の防火活動に従事されています。

今日、活動していたのは小山台東公園。

この看板、街で見かけませんか?

ここには、40㎥の防火水槽があり、中に入っている水、実は汲み足し式なんです。
皆さんはご存知でしたでしょうか?武蔵小山新聞記者はだれも知りません!

因みに、この防火水槽、ここだけではなくて、教育施設や他の公園にも設置されています。

下の画像は、手押し式ポンプ車です。

実は、このポンプ車にはエンジンが搭載されています。

主に車が入りにくい狭小地で活躍しています。

次に、この下の画像は、D級ポンプというものです。

これは、車が全く入る事のできない場所で活躍しています。

最後に、荏原消防団で一台のみ所有している消防車です。

消防車という名の通り、機動力に優れたもので、防火活動されている方々を
迅速に現場へと移動し、初期消火に勤めています。

今回、取材させて頂いてわかったのは、日々街の防災を考えている方々が
声を掛け合って定期的に訓練と、道具に対しての点検を行っていただいて、敏速に出動できる準備をされていること。

私たちも、この取材を通して、いろいろ考えさせられました。
私たちはこれからも、皆様のお役にたてるよう邁進致します。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ピックアップ記事

  1. img_0343
    10月の半ば、寒さを感じ始めてきました。そろそろ冬支度しなくちゃな、なんて思っている武蔵小山新聞です…
  2. DSC_8871
    りゅえるわずなエリア。 駅改札を出てエスカレーターを上ると、そこにはホワイトウォール。白い壁。…
  3. ありがとう
    武蔵小山駅前りゅえる 8月あたりから開発に伴う閉店が増えてきました。 10月現在のりゅえ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る