真夜中の洋品店【L’ANGE】

IMG_8240

アパレル業界にも注力していきたい武蔵小山新聞。今回は駅前りゅえる内の【L’ANGE】さんをご紹介。

武蔵小山駅を利用していれば、存在を認識している方も多いであろうこのお店。 私も随分気になっていたので、基本情報を少し伺って来ました。

まず、店名。L’ANGEはランジュと読みます。次、営業時間。15:00~24:00(週末13:00〜)/不定休。営業時間は変動するみたいで、倉庫行った日は少し開店が遅くなったり、興が乗って3:00まで(勿論AM)やったりする事もあるみたいですね。私も真夜中に開いているのを目撃した時があります。ちなみに場所は駅前ローソンの近くです。

(写真:店舗ファサード)

そして、取り扱い品目。はい、アテンション。

基本レディースの品揃えとなっております。メンズは少しだけありました。

上の写真みたいに入り口が二つ、

向かって左がヨーロッパからのインポート新作の部屋。

向かって右が同様インポート新作と古着が半々の部屋。

ん?

そう、皆さん古着ばかりだと思ってません?

かく言う私も勝手にそう思ってました。L’ANGEさん、すいませんでした。

一時期子供服も少し置いてあって、BARバシゴの合間に買った覚えがあります。

かわいさゆえ、飲み代を少し我慢しての衝動買いでした。そんな日もたまにはありじゃないですか?

 

ご好意で中も写真を撮らせて頂きました。 

(写真左:インポート新作部屋/写真右:新作&古着部屋)

————————————————————————————————————————————————————————————

「・・・そう・・・うん・・・いいわよ、仕事なら仕方ないわね・・・うん、後で。お疲れ様。」そう言って、そっと受話器を置く。

「お父さん、仕事で遅くなっちゃうんだって。先に食べていいよって。」

甘い物が得意ではない夫に合わせたNYスタイルのチーズケーキに、サンタクロースをかたどった板チョコと、煙突のついたお菓子の家。その不釣り合いさが寂しさを一層掻き立てるのだが、小さい我が子にはそんな事は分からないだろうし、伝えたくもないので、いつも通りの明るい声で、アーノル子はそう言った。

電話を切り、またすぐ仕事に追われるアーノルド。今日中に帰れるだろうか?時計を気にしながら、埋め合わせという仕事が更に増えた事で、彼の焦燥感が加速する。

結局、仕事は終わらなかったが、彼は電車の走っている時間に帰る事にした。

浮き足立つ駅に降り、家路を急ぐ。ふと路地に目をやると、明らかに営業中の用品店があった。「いいね!」。半ば反射的に店に駆け込み、手頃なサイズのカーディガンを見つけ、そそくさと会計を済まし、また家路を急ぐ。家の前に着くと、部屋の明かりは消えていた。そっと鍵を開け、キッチンの明かりを付ける。ダイニングテーブルには、サンタが飾られたチーズケーキとメッセージカード、そして手作りラッピングが置いてあった。

「いつもお疲れ様。寒いから風邪に気をつけて。ささやかだけどプレゼントよ、明日着ていって。Merry Christmas アーノル子」ラッピングを明けると、カーディガンが入っていた。メッセージカードの空白部分に「ありがとう。その言葉そっくりそのまま返すよ。Arnold」と書いて、先ほど購入したカーディガンをラッピングし直した。目頭が熱くなる気もしたが、彼は小さく、「むちゃついてるやん!」と、何故か関西弁でつぶやいた。

————————————————————————————————————————————————————————————

みたいなクリスマスも、L’ANGEさんがあれば実現可能かもしれませんね。

アーノルド小山

アーノルド小山記者(キャラ担当)

投稿者プロフィール

たまに会えたりするぜ。いつも酔っ払ってるからこっちは覚えてないが。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年5月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. img_0343
    10月の半ば、寒さを感じ始めてきました。そろそろ冬支度しなくちゃな、なんて思っている武蔵小山新聞です…
  2. DSC_8871
    りゅえるわずなエリア。 駅改札を出てエスカレーターを上ると、そこにはホワイトウォール。白い壁。…
  3. ありがとう
    武蔵小山駅前りゅえる 8月あたりから開発に伴う閉店が増えてきました。 10月現在のりゅえ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る