Coffee Bar 38 – 北京料理珍宝の味に10年

2012-09-29 23.08.36

後地交差点。

誰もが知る 北京料理珍宝 があった。
お客のほとんどが風呂おけを持参。これについては後述しよう。

そんな珍宝には注文時、ルールと言える工夫が必要だった。
「そのタイミングが難しい」と、当時を知る人は語る。

そんな親父が作る手羽先。これに魅了された人は数多い。
独自の調味、手羽の調理、素材本来の味。これに職人技をプラスする。

独自に調理した手羽先、味付けはブレンドされた一見、塩味。
味付けはとてもシンプルの様で奥が深い。

アポロキャップに老眼鏡。それが珍宝の主人だ。

とある日。

その親父が床に倒れ、お店は閉店。
突然の出来事で、その手羽先は幻となり、語り部となりつつあった。
味を知る人々は再現させようとチャレンジするが、誰一人として成し遂げられなかった。

ここの店主有村さん以外は。

親父の味を引き継ぎたいと名乗り出て、努力に努力を重ねた。

手直しの連続で、納得出来る味にはほぼ至らなかった。
その間も床に倒れた親父に出向いたが、あまり相手をしてもらえず苦労した、と有村さん。

床に倒れても頑固さに処方する薬はなかったようだ。

だが、そんな親父も情熱に負け、とうとう直伝していただく機会が訪れた。
その直伝場所は、親父宅の玄関先だったそうで、耳を傾けつつメモを取る。

「これをどぼどぼ」「これはどぼ」
決して簡単ではなかったと語る。なんせ1斗缶レベルの話であったからだ。

店を閉める時は味の継承はないと決めていた秘伝のレシピ。
そんな直伝風景の側にいたおかあさんも驚いていた、とその頃を振り返りつつ語っていただいた。

伝授していただいた手羽先の作成方法。重く閉ざした親父の暖簾をくぐるのに実に10年が経過していたそうだ。
合わせてスパイスやかけダレ、ラー油も伝授。

そんな親父の頑固さは相伝されなかった、柔らかい物腰の有村さんの手羽先。
お時間のあるとき訪ねてみてはどうだろう。当時、30年前のお値段は4本180円。
現在では3本300円ではあるが、物価の情報を加味すると価格は据え置きではないだろうか。

最後になるが、風呂おけは隣に銭湯があり、凍るほどに冷えたビールに手羽先をいただく。
そんな構図が出来上がっていたようだ。現在では、風呂おけを持参する来店者はいない。

メニューから抜粋:
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今は存在しないが、渋谷の屯(タムロー 北京料理)で修行した俺の永遠の師匠野村さん。1960年代 後地で店を出し、体の不調で店を閉めた。俺は独学だが、数年、味を追求し、野村さんに師匠して頂いた!その後、指導して頂きメニューにする事ができました。レシピを頂いた日、師匠からの帰り道は前が見えないほど、涙が止まらず感激した。一生忘れられない事だから!食べて頂ける貴方に伝えたい
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Coffee Bar 38(コーヒーバー みつばち)
東京都品川区小山3-5-7 武蔵小山フラワーマンション
営業時間:月曜から土曜日12:00 ~ 14:00, 18:00~23:00 *祭日は夕方のみ営業

At a back alley

There stood the Peking restaurant Chinpo

Almost all the customers had with them their bathing pail, the reason for which I will describe later.

When placing your order at Chinpo there is almost an unwritten rule.

“It`s the timing which is difficult” an old timer would reminisce.

There are countless regulars who have fallen in love with the chicken wings prepared by the owner Mr. Nomura.

The unique spices, the way the wings are prepared, and the quality of the ingredients. Added to this is the Mr. Nomura`s craftsmanship.

The wings are seasoned with a blend of salt and Ichimi spice.

The resulting taste is simple yet complex.

Wearing an Apollo cap and spectacles stands Mr. Nomura.

One day.

Mr. Nomura suddenly collapses causing Chimpo to close.

The chicken wings almost take on an almost urban legend like aura.

Many who had tasted Chimpo’s chicken wings attempted to recreate the taste but none were successful.

Everyone except Mr. Arimura.

Mr. Arimura rose to the challenge of keeping the taste of Chimpo’s chicken wings alive and endured challenge after challenge.

Each attempt resulted in failure as none reached the perfection of the owner’s chicken wings.

Mr. Arimura says that it was especially tough during this time as Mr. Nomura would often not give him a second glance when asked for advice.

Even his collapse did nothing to soften Mr. Nomura`s stubbornness.

However, a day did come when Mr. Nomura finally relented and agreed to hand down his hidden recipe.

Mr. Arimura would furiously scribble down notes while standing at the entrance of Mr. Nomura`s home as the owner barked out ingredient after ingredient, technique after technique.

A touch of this, a dash of that.

It was always a challenge.

The hidden recipe which the owner never divulged to his son nor for money.

Mr. Nomura`s wife still can recall her surprise when first faced with the scene.

The preparation method which was passed down. Mr. Arimura says that it took a total of 10 years to recreate the taste.

The recipe for the spices, sauces, and Rayu chili oil were all passed down.

One can see that one thing which was not passed down was Mr. Nomura`s stubbornness when one meets Mr. Arimura with his quiet demeanor.

Why don’t you drop by when you have a minute? 3 chicken wings for 3 hundred yen, the price hasn’t changed from when the owner made the wings.

Next to Chimpo stood a public bathing facility and many would have an ice cold beer to wash down the chicken wings after stepping out of the piping hot bath – hence the customers with their bathing pail.

No customers with their bathing pail can be seen now.

The below is an taken from the menu:

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

My teacher Mr. Nomura (the owner) served his apprenticeship at the Peking restaurant Tamro in Shibuya. In the 1960`s Mr. Nomura opened his restaurant at the back alley but had to discontinue business due to health issues. I pursued the taste of Mr. Nomura`s chicken wings by myself for several years before Mr. Nomura agreed to take me on as his student. I still remember that I could not see straight when I was walking home after receiving the recipe from Mr. Numeral due to my tears of joy. It was something which I will never forget! I want to relay this feeling to my patrons.

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

kanagawaKATSUKI

kanagawaKATSUKI代表

投稿者プロフィール

鳥取県生まれ。移動はミニベロ。ももと睡眠が大好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ピックアップ記事

  1. img_0343
    10月の半ば、寒さを感じ始めてきました。そろそろ冬支度しなくちゃな、なんて思っている武蔵小山新聞です…
  2. DSC_8871
    りゅえるわずなエリア。 駅改札を出てエスカレーターを上ると、そこにはホワイトウォール。白い壁。…
  3. ありがとう
    武蔵小山駅前りゅえる 8月あたりから開発に伴う閉店が増えてきました。 10月現在のりゅえ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る